Mesotopus tarandus

タランドゥスオオツヤクワガタ

WF1ペア 2006/10/17
ビッダーズで落札したWF1ペアが到着しました。前回WD♀から2頭しか幼虫が取れなかったので、今回累代物で再度挑戦してみます。
♂は既にバイブしているので、ペアリングしてみようと思います。  

WF1♂ WF1♀  

メイトガードしています 2006/11/5
♂♀ともゼリーの食いっぷりが良くなってきたので、ペアリングすることにしました。
コバシャ小ケースでしばらく一緒に過ごしてもらいます。
♂がしっかりメイトガードしているようなので、交尾もスムーズに行われそうです。

♀の画像 2006/11/18
本日、産卵セットを組みました。
産卵材は西日本こんちゅう社のハイパーレイシ材を使っています。
前回WD♀の時は2匹しか採れませんでしたから、今回はそれ以上の結果を残したいですね。

産卵セットはこんな感じ

♀が潜り込んだレイシ材 2007/3/21
このケースは2月中旬に再セットしたものです。
1回目のセットでは交尾が不十分だったのか一度も材に潜ろうとしなかったので、もう一度ペアリングのうえ♀を産卵セットに投入しました。
今回はしっかり材に潜り込んでいるようなので、産卵が期待できそうです。

2つに割った産卵木 2007/3/31
セットしてから1ヶ月半経ったので、本日割り出し作業を行いました。
産卵木を2つに割ってみると、3頭ほど初齢幼虫の顔が見えるではないですか。
産卵床を崩していくと狭いスペースに全部で12頭、予想を上回る結果にとっても満足しています。
♀は体重が軽くなっているようですが、少し休ませてからもう一度セットする予定です。

全部で12頭の初齢幼虫が採れました 顎が少し磨り減っているような・・・

3回目の産卵セット 2007/4/8
割り出し後1週間休息してもらったので、3回目の産卵セットを組みました。
前回に引き続き、西日本こんちゅう社のハイパーレイシ材でのセットとなります。

3回目の産卵セット 2007/4/14
3月末に割り出した幼虫は、カワラのプリンカップで飼育していますが、食痕が見えているので順調に過ごしているようです。
もう少ししたら、カワラ菌床を用意して瓶に詰めなければ・・・。

終齢になった♂と思われる幼虫 追記
プリンカップの幼虫達は、順調に成長しているようです。

材に潜り込んだ跡 2007/5/19
3回目の割り出しを行ったところ、5頭の初齢幼虫と卵が1個出てきました。なぜか青カビにまかれていたので、濡れティッシュの上にしばらく置いてからカワラプリンカップに入れてしまおうと思います。
あとWDペアからの個体が2頭とも無事に羽化しました。2頭とも♀だと思っていたのですが、1頭は♂でした。

レイシ材を割ると♀の姿が見える 初齢幼虫5頭と卵が1個 羽化したWF1チビ♂ ♀のほうが体格がいいかも・・・

羽化した成虫達(2♂2♀) 2007/11/4
久しぶりの更新です!
4月に割り出した幼虫達が無事に羽化してきました。サイズは大きな声では言えないくらい小ぶりです(−−)
自分でブリードできるスペースがないので、オークションに出品する予定です。

F2♂52mm F2♀43mm

戻る ページトップへ

©2006-2007 ASABE All rights reserved.