Odontolabis stevensi duivenbodei

スチーブンスツヤクワガタ(サンギール亜種)

♂と思われる25gの幼虫 2006/11/6
本日マット交換を行いました。
ツヤクワの場合は全部交換してしまうと具合が良くないようなので、古いマットを3分の1ほど残して詰め直しました。
ちなみに唯一の幼虫は♂と思われますが、25gの体重は大きいのか小さいのか、私には見当がつきません。

29gの成熟した♂幼虫 2007/4/21
実は11月に餌交換してから、存在を忘れていたのです(−−)
1,500ccブロー容器越しに生きている姿が見えたときは、安堵しました。
体重は29gと幾分増えていますが、だいぶ成熟してきているので間もなく蛹化するかもしれませんね。

マットが泥状に・・・ 2008/5/6
昨年の4月に餌交換してから、またまた存在を忘れてしまっていました(−−)
泥状になったマットの中で生き延びてくれていましたが、これでは蛹化もままならなかったでしょう・・・
マットの全交換は少々危険なので、一応マットを入れ替えてから泥状マットとともにブロー容器の中へ戻しておきました。
無事に蛹化してくれるといいですけどね・・・

泥状マットの中で生き延びていた幼虫 体は黄色くなっています

戻る ページトップへ

©2006-2008 ASABE All rights reserved.