Odontolabis spectabilis

スペクタビリスツヤクワガタ

スペクタビリスツヤクワガタ WD♂66mm 分布:スマトラ島
スマトラ島特産種のツヤクワガタで、標高1,500メートルぐらいに生息する高地性のクワガタである。
♂は頭に三日月紋があるのが特徴であるが、スマトラ島には良く似たラコダールツヤクワガタが生息している。
ただし、♂はラコダールに比べ体格が細身で複眼下の突起がほとんど出ないことから区別は可能である。また♀についても前胸に黄紋が現れず上翅の黒ラインも細いことから区別は容易である。
当種はツヤクワガタの中でもブリードが比較的難しい部類であるため、産卵用マットや温度に気を使うことが必要でしょう。

WD♂66mm 2009/5/31
アリストさんから購入したWDペアがやって来ました。
♂66mmと♀40mmのペアになりま〜す。
こいつらは意外とブリードが難しいようなので、いっちょ気合い入れて頑張ってみますね〜。
結果はどうなるか分かりませんが・・・。  

腹側の特徴は・・・ ラコダールとの違い WD♀40mm 前胸に黄紋がない  

産卵セットの様子 2009/6/7
産卵セットを組むべく♂と♀を一緒にしておいたら、がっちり交尾してましたよ・・・。
コンテナケースに微粒子発酵マットのみでのセットとしました。
1500メートルの山地に生息してるらしいので、温度は低めで管理してみようと思います。当種はツヤクワの中でも難しいそうなので、幼虫が採れるかどうかは分かりませんが・・・。  

♀のアップです がっちり交尾中 ♂の大顎は固定しておきました  

戻る ページトップへ

©2006-2009 ASABE All rights reserved.