Hexarthrius mniszechi

ムニスゼッチフタマタクワガタ

ムニスゼッチフタマタクワガタ WF1♂66mm 分布:東北インド・ナガヒル
東北インドに生息するフタマタクワガタです。メルキオリティスに似ていますが、大顎付け根の裏側にある突起が当種の特徴となっています。
なかなか入荷されない希少な種類でしたが、昨年入荷した個体からのWF1個体が市場に出回ってきました。
今回、幼虫3頭を手に入れたので、気合を入れて飼育に挑戦です。

プリンカップで到着 2009/1/12
ランバージャックさんの福袋に入っていた幼虫3頭を、450ccブロー容器へ入れ替えました。
メルキオリティスに似ているので、飼育自体は難しくはなさそうかな・・・?
なんとか無事に羽化させて、ブリードしてみたいですね。
待ち遠しいなあ〜(*^_^*)

初齢幼虫3頭 450ccブロー容器へ

800ccプラ容器へ入替 2009/6/14
450ccブロー容器で飼育してきた幼虫達を800ccプラ容器へ入れ替えました。
3頭の幼虫すべて元気に成長しており、判別したところ2♂1♀みたいです。
まあ、片寄らなくてよかったです・・・。理想は1♂2♀だったのですが・・・。
体重は♂が11g&12gで♀が7gです。♂♀ともに体が小さくて、♂幼虫の頭もかなり小さいですね。

♂幼虫12g ♂幼虫の頭は小さい ♀斑があります

WF1♂66mm 2009/9/27
先日小型の♂が羽化不全で☆になってしまったショックから立ち直りましたよ〜。
それは♀に続いてもう一頭の♂も完品で羽化してくれたからで〜す。
大顎の突起もしっかり確認できますから、ムニスに間違いないですよね。
♀は既に後食してますから、♂の後食を待ってペアリングしたいと思います。

♂の腹側は黒いです 大顎の下側にある突起 ♀は区別が難しいかも・・・

産卵セット 2009/10/6
ペアリングも無事に終了したようなので、産卵セットを組んでみました。
いつも通りのフタマタ用産卵セットでやってみたいと思います。
今年はフォルスターでいい結果が出てますから、ムニスも期待しちゃおうかな・・・。
とはいっても非常に心配なσ(^-^*)でありました。

産卵セット内の♀ 早速潜ろうとしてます

材の様子 2009/10/24
材をだいぶ齧ってるようなので、思い切って採卵してみました。
とりあえず20卵をGETしましたよ〜。
卵を見る限り健康そうなので、しっかり孵化してくれるんじゃないでしょうか。
貴重な種類ですから、爆産とはいかないまでも、自己ブリードできる分ぐらい確保したいですよね。

卵が出てきました まだ元気な♀ とりあえず20卵GET

孵化した幼虫 2009/11/6
幼虫が2頭無事に孵化していました。
他の卵も順調に膨らんでいるようなので、何とか累代に必要な数は確保できそうですね。
♀は相変わらず材を齧ってますので、ムニスもメルキと同様に多産な種類なのかもしれません。
孵化した幼虫は60ccプリンカップ入りの一次発酵マットで保管しておきます。

孵化した幼虫

☆になった♀ 2010/1/12
期待に応えて一生懸命産卵してくれた♀が☆になりました。
最終的に49個採卵の42孵化と、期待を大幅に上回る結果に大満足です。
予想以上に採れてしまい飼育しきれそうにないので、他のフタマタ幼虫達と一緒にビッダへ出品しました。
我が家に残った個体は、マット飼育で80ミリを目指したいと思います。

産卵セット 2010/2/14
ランバージャックさんの福袋に入っていたペアが後食始め、ペアリングも無事に済んだようなので産卵セットへ投入しました。
時期が真冬というのが少し気掛かりなんですが・・・。
大陸のフタマタって体内時計あるらしくて、やっぱり秋がベストのような気がします。
爆産は期待しないので、ほどほどに産んでくれれば大丈夫だよ。

産卵セットの♀ 産卵セットの♀ 大顎はしっかり固定

割り出し前の材 2010/8/21
少し遅くなってしまいましたが割り出しを行いました。
材を見る限り結構齧っているんですけど、出てきた幼虫は意外と少なかったです・・・。
やっぱり産卵セットの時期が関係してるんでしょうか?
まあ、ちょっと少なかったけど、昨年取れすぎちゃったからちょうどいいかな(^−^)

柔らかくなった材 出てきた幼虫 幼虫7頭GET

ペアリング中の♂と♀ 2011/6/3
♂♀ともにゼリーの食いっぷりが凄くなってきたので、今日からペアリングしてみます。
後食のタイミングがばっちりのペアなので、ペアリングも難なく済みました。
産卵材は食いカスマットで熟成中ですから、2週間くらいしたら産卵セットを組んでみたいと思います。
しっかり産んでもらいましょう(^−^)

産卵セット 2011/6/19
今シーズン初のフタマタ産卵セットはムニスとキヨタミで〜す。
幼虫食いカスマットで産卵材を約2週間熟成させておきました。
中ケースに材2本の通常セットで臨んでみたいと思います。
あまり取れすぎても困るので、ほどほどに産んでくれれば問題なしですよ(^−^)

交尾の済んだ♀ 熟成した産卵材 中ケースに材2本 軽く埋め込んで完成

プリンカップへ移す 2011/8/21
7月の終わりに採卵した卵が順調に孵化していま〜す。
今日現在で14個が無事に孵化してますが、あと2個は孵化してくれそうな気が・・・。
とりあえず自分で飼育する分くらいは確保できそうなので安心です。
ムニスは2セット組んであるので、もう一つの方も確認してみますね(^−^)

残りの卵

1400ccボトル 2012/5/16
今日は♂幼虫を中心に1400ccボトルへ入れ替えを行いました。
体重は15g〜17gという感じで、順調に育っているんじゃないでしょうか・・・。
11月に800ccボトルへ入れてから半年も経過してしまったので、中には少し入れ替えのタイミングが遅いかなって思われる個体もいます。
場合によっては入れ替えの刺激で蛹化してしまう個体もいるかもしれませんね。

1400ccボトル

羽化した♀ 2012/6/20
先日入替作業の際に既に蛹化した♀を掘り出してしまったのですが、深さがほとんどない壊れた蛹室で何とか無事に羽化してくれました・・・。
少し心配だったのですが、うまく体を起すことができたようですね。
本当に羽化したての体はとっても神秘的で綺麗です。
サイズはちょっと小ぶりですが、完品で羽化してくれたことに感謝しましょう。

羽化した♀

1400ccボトル 2012/7/22
5月に1400ccボトルへ入れ替えした♂達もほとんどの個体が蛹化したようです。
やっぱり入替の刺激で蛹化スイッチが入ってしまったのかもしれません・・・。
でもこれで♀との羽化ズレは解消できそうなので、結果的にはよかったですね。
もともとメルキに比べると小型ですし、孵化から1年経ってないからなあ・・・。
今年の♂も大きな個体は望めないでしょう(ー_ー)!!

♂の蛹 ♂の蛹

F3♂68mm 2012/9/8
先日活動を始めた♀に続き、一番最初に羽化した♂も活動を始めました。
ブリードするにはタイミングがぴったりで丁度よかったです・・・。
時期的にも大陸産フタマタにはベストシーズンですからね。
しっかりゼリー食わせてからペアリングしたいと思います。

F3♂68mm ♂の大顎には突起が 活動始めた♀ 活動始めた♀

ペアリング開始 2012/9/17
活動を開始した♂♀ともにゼリーの食いも活発になってきました。
今日から数日同居させてペアリングしてみたいと思います。
念のため♂の大顎はアルミ針金で固定しておきますね・・・。
事故があってからでは遅いですから、ペアリングは慎重に行わないといけません。

F3♂68mm F3♀41mm 大顎はアルミ針金で固定

産卵セット 2012/9/23
交尾が無事に済んだ♀を産卵セットへ投入しました。
いつものように発酵マットで産卵材を軽く埋め込んだ産卵セットとなります。
材を齧っているかどうか数日様子を見て、だめなら材を交換してみたいと思います。
幼虫の食いカスマットで埋め込んで熟成してあるので大丈夫だと思うのですが・・・。
採卵を楽しみに待ちたいと思います(^−^)

交尾の済んだF3♀41mm 交尾の済んだF3♀41mm

約1ヶ月経過したセット 2012/10/20
産卵セットを確認したところ、産卵材が結構齧られていたので採卵してみました。
産卵材を見て分かるように等間隔で齧ってある時は、しっかり産卵してくれているはずなんだけど・・・。
何故か今回は腐ってしまった卵がとても多かったです・・・。
同じ日に組んだメルキはとても順調に産卵し、卵もしっかり育ってくれているのにね・・・。
いったい何が原因なんでしょう、もう一回同じ材をつかって様子をみてみましょう。

マットから顔を出す♀ 齧られている産卵材

戻る ページトップへ

©2015 ASABE All rights reserved.