Prosopocoilus laferteri

ラフェルトノコギリクワガタ

F3♀44mmと♀43mm 2007/4/29
10月頃に羽化した♀2頭が餌をたくさん食べるようになってきました。
♀より2ヶ月近く遅れて羽化した♂はゼリーを食べているようですが、成熟するまでまだ時間が掛かりそうです。
過去にラフェルトのブリードでは、♂の未成熟が原因で無精卵ばかりで累代に失敗したことがあるので、今回はしっかり成熟させてからペアリングさせたいと思います。  

F3♂67mm 大顎の内歯が少ないのが特徴!

産卵セットの様子 2007/7/1
2♀のペアリングが順調に行われたようなので、産卵セットを組みました。それぞれ♂と4日ほど同居させ、交尾しているのも何度か確認したので大丈夫でしょう。
なんとか産卵してくれるのではないでしょうか?  

中ケース底にマットを固詰め 転倒防止のため樹皮を敷き詰めます

2ヶ月近く経った産卵セット 2007/8/19
2セット組んだラフェルトのケースでしたが、一つはケース底に幼虫が見えているのですが、もう一つは何も見えません。
セット直後より産卵はしていて卵は確認できているのですが、ことごとく腐ってしまうようです。
累代が進んでくると無精卵が多いんでしょうか・・・。  

ケースをひっくり返すと幼虫が・・・ まだまだ元気な♀でした
 

戻る ページトップへ

©2006-2007 ASABE All rights reserved.