Dorcus grandis moriyai

グランディスオオクワガタ(インド北東部〜ミャンマー西部亜種)

♂75mmと♀49mm 2006/8/19
前から欲しいと思っていたグランディスを手に入れました。
インド産かラオス産かどちらにしようか迷いましたが、インド産を飼育することにします。
今年初夏の新成虫ですから、越冬させて来春ブリードする予定です。
飼育記は来年までお休みとします(^◇^)  

♂の拡大画像 ←♂の前胸側面のS字カーブはインド産の特徴ですね!!  

ペアリング中の♂と♀ 2007/5/3
グランディスオオクワガタのブリードシーズンが到来しました。
♂の小ケースへ♀を同居させ、ペアリング開始となります。
♂♀とも越冬させてしっかり成熟していると思いますので、ペアリングが無事に済むことを祈っています。  

植菌カワラ材を使った産卵セット 2007/5/27
ペアリングも順調に行われたと思い、産卵セットを組んでみました。
飼育ケースの底へマットを敷いて、その上に植菌カワラ材を2本置いてから軽くマットで埋め込んだものです。一応カワラ材は皮ありと皮なしの両方で試してみることにしました。
何しろグランディスの産卵セットは初めてなので、どうなるか見ものですね・・・。  

投入した♀  

産卵材が真っ二つに・・・ 2007/8/19
セットの中を覗いてみると、なんと産卵材が真っ二つになっているではありませんか。
ケースの底や横からは幼虫の姿は確認できませんでしたが、産卵材を持ち上げてみるとかなり軽くなっているようです。
試しに割ってみると中から幼虫が出てきました。全部で13頭、果たして今回の産卵数は多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか・・・。  

♀によってトンネルが! 産卵材の中の幼虫 子孫を残して☆になった♀ 全部で13頭  

800cc菌糸ボトル 2007/10/7
プリンカップから800cc菌糸ボトルへ入れ替えを行いました。
少し遅くなってしまったかもしれませんが、普通のサイズで羽化してくれれば別に何も言うことありません・・・。  

2月〜3月にかけて羽化した新成虫 2008/4/20
昨年10月に菌糸ボトルへ移し変えた幼虫達ですが、2月〜3月頃に掛けて羽化してしまいました。
やっぱり、菌糸ボトルへ移し変えるタイミングが遅かったようですね・・・。
とても人前に出せるようなサイズではありませんが、我が家で羽化した正真正銘のグランディスですから、大事に育てていきたいと思います。
うち1ペアはアフロさんのプレ企画へ協賛させてもらいました(^^)  

なんとかグランディスに見えるかも・・・ ♂の大顎 ♀の画像

戻る ページトップへ

©2006-2009 ASABE All rights reserved.