Hexarthrius forsteri forsteri

フォルスターフタマタクワガタ(原名亜種)

フォルスターフタマタクワガタ WF1♂66mm 分布:北東インド
ミャンマー北部に分布している亜種は大顎が大きく湾曲しているが、当原名亜種の大顎は直線的に伸びている。体色は赤いものが多く、ミャンマー亜種に比べ華やかな感じがするのではないだろうか。
ブリードについては、フタマタクワガタゆえに当然材産みであるのだが、他のフタマタクワガタに比べて材の選り好みが少ないのではないだろうか。
幼虫飼育の注意点としては、終齢幼虫の頭幅が小さいために時折♂♀の判断を誤ってしまうことがある。頭幅だけでなく体格などからも判断して判別するのがよいでしょう。

450ccブロー容器に入れ替え 2009/1/12
ランバージャックさんの福袋に入っていた初齢幼虫3頭を、450ccブロー容器へ入れ替えました。マットはいつものS∀UZAクルビマットとアンテマットのブレンドです。
我が家では原則マット飼育なので、当種もマット飼育で羽化までもっていく予定で〜す。
これら3頭の幼虫が無事に育って、うまい具合にペアになればいいのですが・・・。
早く羽化した成虫の姿を見てみたいですね〜(*^_^*)

初齢幼虫3頭 小さな初齢幼虫

♂の幼虫 2009/6/13
本日幼虫の餌交換をしました。
♂♀ともに850ccプラボトルにマットを詰めたものに入れ替えました。
思ったほど幼虫が大きくなかったのが、少々残念でしたが・・・。
幼虫の色合いから考えても、しばらくすれば蛹化してしまうかもしれませんね。

こちらは♀幼虫 ♀斑があります

羽化したWF1♂2頭 2009/9/13
WF1個体の3頭がともに活動を開始しました。
3頭とも無事に羽化してくれて、本当によかったですよ。
でも3頭とも活動を始めるのが予想より少し早かったですね。
大陸系のフタマタは離島系のフタマタに比べて成熟するのが早いのでしょうか?
しばらくゼリーを与えてペアリングに臨みたいと思います。

♂のスタイル ♂の大顎の様子 ストロボ当てると赤味が強くなります ♀は黒っぽいです

産卵セットの様子 2009/9/23
無事に交尾を終えたようなので、産卵セットを組みました。
いつものように、フタマタ用に熟成した産卵材を使ってみます。
キヨタミでもいい結果が出ているので、こっちでも行けると思うんですけどね。
さてと、フタマタの秋を満喫しようかな・・・。

セット内の♀ クヌギ材を2本使用

産卵セットです 2010/1/24
月読さんから委託ブリードされた♀ですが、ペアリングが済んだので産卵セットしました。
昨秋のブリードでは良い結果が出たのですが、果たして今回はどうなるでしょうか。
気掛かりなのは大陸フタマタの旬ではないこと・・・。
まあ、心配ばかりしてても仕方ありませんね。

委託された♀ 委託された♀

ペアリング中の♂と♀ 2011/6/18
♂♀ともに後食を始めたので、今日からペアリング開始です。
この♂は♀を追いかけ回していたので、念のため大顎を固定しておきました。
材の準備はバッチリなので、様子を見て産卵セットを組んでみましょう。
今年も爆産を期待しています(^−^)

F2♂ F2♀ ペアリング中の♂と♀

F2♂80mm 2011/7/24
今年最後に羽化した♂が、80mmの大台へ乗ってくれました。
でも原名亜種はすべて850ccボトルで飼育したので、次回は大きな容器を使ってサイズアップを図ってみましょうね。
赤味は綺麗なんですが、キヨタミに比べると少し線が細くてオトナシイ感じが・・・。
大顎の湾曲も少ないですからね・・・。
まあ、スタイルは好き嫌いあるので仕方ないところです。

F2♂80mm F2♂80mm 湾曲の少ない大顎

入れ替え作業 2012/1/15
昨秋に孵化した幼虫達が二齢になり始めたので、800ボトルに入れ替えました。
二齢でも♀斑で雌雄判別は可能ですが、正確を期するためには終齢になってからですね。
手元には20頭ほど残して飼育していこうかな・・・。
そうしないとスペースが足りなくなっちゃうから(ー_ー)!!

F3二齢幼虫 ♀斑が確認できます

材飼育の♀ 2012/9/17
一昨年に採卵し1頭だけ材飼育していた♀が羽化していたようで活動を始めました。
冬場も室内常温で管理していたため、孵化してから3年近く掛かって羽化したことになります。
お世辞にも大きくありませんが、ディンプルのない綺麗な体をしていますよ。
昨年採卵組の♂が1頭活動を始めているので、世代違いでブリードしてみましょう。
餌食いの様子をみながら週末にでもペアリングを始めてみたいと思います。

材飼育の♀ F3♂66mm F3♂66mm F3♂66mm

交尾中のペア 2012/12/5
今年度大陸フタマタの最後を飾るフォルフォルのペアリングを開始しました。
後で覗いてみるとしっかり交尾をしていましたよ・・・。
後ろからがっちり捕まえて、絶対に離さないって感じでくっ付いています。
この調子なら交尾はバッチリだと思うので、後は産卵セット次第かな・・・。

産卵セット 2013/1/6
少し遅くなってしまいましたが、フォルフォルの産卵セットを組んでみました。
他のフタマタ同様、コナラ材2本をマットで軽く埋め込んだ内容となります・・・。
寒い季節に入ってしまったので、うまく温度管理しないと産卵に繋がらないかもしれませんね。
ヒーターで20℃近辺の温度になるよう調整していますが、温度差が結構出てくるし・・・。
まあ、♀がその気になれば全然問題ないってことでしょうね。

F3♀42mm F3♀42mm ペアリングした♂

二齢幼虫 2013/2/16
月読さんから飛ばしていただいた二齢幼虫をボトルへ入れ替えました。
まだ二齢初期なので、これからどんどん成長していくと思います。
フォルフォルについては、今シーズン産卵が思うようにいってません・・・。
タイミング良く幼虫を譲ってもらい本当に助かります。
月読さん、ありがとうございました。

800ccボトルへ入れ替え

産卵セット 2013/6/23
ケース越しに幼虫の姿が見えていた産卵セットを割り出しました。
もう少しいると思ったんだけど、結果は幼虫5頭のみ・・・。
期待外れの結果にがっかりしてしまいました・・・。
月読さんから幼虫もらっておいて丁度よかったかもしれませんね。
やっぱり時期的な問題もあるのかな・・・?

齧られている産卵材 幼虫の姿が・・・ 出てきた初二齢幼虫 出てきた二齢幼虫

♂2頭の比較(右:原名亜種) 2013/7/20
最後まで残っていた♂が活動を始めました。
たまたま同じ日にキヨタミの♂も活動を始めたので、並べて撮影してみました・・・。
こうやって見てみると両者の違いがよく分かりますよね。
どちらもカッコイイけど、キヨタミの方が大顎も湾曲していて自分は好きです。
残念ながら♀がいませんので、2頭ともヤフオクへ出品しておきました(^−^)

2頭とも体長79mm 大顎の違い 原名亜種の大顎 キヨタミの大顎

産卵セット 2014/9/13
月読さん血統のペアが活動を始め、ペアリングも無事に済んだようです。
例年のように普通のクヌギ材を使った産卵セットを組んでみました。
♂はもう1頭の♀と同居させておきますね・・・。
今シーズンのフォルフォルは2♀体制で秋の産卵シーズンに臨みたいと思います。

産卵セットの♀ 産卵セットの♀ ペアリング中

戻る ページトップへ

©2015 ASABE All rights reserved.