Prosopocoilus confucius

コンフキウスノコギリクワガタ

♂の画像 2006/10/16
ビッダーズにて落札したペアが到着しました。ベトナム産です。
♂のサイズは大きくありませんが、コンフキウスって感じがいいですね。
今のところ後食していませんので、じっくり成熟させてからペアリングしたいと思います。  

♀の画像  

産卵セットの様子 2007/9/9
久しぶりの更新です。・・・というか、♂♀ともに後食を始めるまで時間がかかりました(−−)
コンフキウスは成熟するのに時間が掛かるとは聞いていましたが、まさかここまで掛かるとは思いもしませんでしたね。
何とか交尾も確認できたので、柔らかめの産卵木2本を使ったセットで挑戦です。  

まだまだ元気な♂ こちらも元気な♀  

産卵ケース内の様子 2007/9/22
ケースの中を見てびっくり、産卵木がバラバラになっている。
コンフキウスは材産みとみて、柔らかめの産卵木を使用したからだろうか?
ケース底には2個ほど卵も確認されたが、果たして結果は如何に・・・。  

産卵木がバラバラ ケース内の♀の様子  

全部で30頭 2007/10/7
割り出しの結果は初齢幼虫30頭と卵が1個でした。
マットには幼虫の姿はなく、すべて産卵材から出てきました。
コンフキウスは材産みという予想がずばり的中した今回の産卵セットでありました。  

割り出した産卵木 出てきた初齢幼虫

一冬こした幼虫達 2008/4/27
昨年の10月以来はじめて幼虫の様子を確認してみました。
室内常温で一冬越したため、まだみんな二齢幼虫のままです。
そろそろ大きな瓶に移し変えてあげないといけませんが、ちょっと数が多いのでアフロさんのプレ企画へ5頭協賛させてもらいました。
注文したアンテマットが届き次第、ガラス瓶に移し変えてあげましょう・・・。

丸々太った二齢幼虫

1500ccガラス瓶 2008/8/24
♂幼虫2頭を1500ccのガラス瓶へ引越しさせました。
さすがに900ccマヨ瓶では狭そうだったので・・・
現在の体重30gなんで、100mmUP目指す為にはあと10gは必要かもしれませんね。

頭の大きな♂終齢幼虫30g 1500ccガラス瓶へ投入 マンディー♂幼虫20gと並べてみました

蛹になった♂ 2008/9/28
♂幼虫1頭が蛹になってしまいました〜。
先日の餌交換で蛹化のスイッチが入ってしまったんでしょうか・・・。
これでは100mmUPは到底無理ということになりますね(><)

羽化した2♂ 2009/2/16
♂3頭のうち2頭が11月〜12月にかけて羽化しました。
80mm台という少し淋しいサイズですが、羽化不全もなく完品で羽化してくれたので良しとしましょう。
かなり前に羽化してた♀も一向に活動しないので、無理やり掘り起こしてみましたが、この種はほんとに休眠期間が長いです。
果たしてブリードできるのはいつ頃になるのでしょうか・・・。

♂の画像 ♂の大顎 ♀の画像
 

戻る ページトップへ

©2006-2009 ASABE All rights reserved.