Lucanus cervus cervus

ヨーロッパミヤマクワガタ(南フランス産)

ヨーロッパミヤマクワガタ WF1♂81mm 分布:スカンジナビア半島とロシア北部を除くヨーロッパのほぼ全域
地域によって多くの亜種に分けられている。この南フランスの個体については触角が4節であり、ドイツなどの個体と同じ基本型であると考えられます。
ブリードについては発酵マットを使ったセットで産卵させることが可能であり、国産ミヤマに比べれば簡単といえるのではないでしょうか。
幼虫飼育の注意点としては、幼虫期間を長く延ばすことによってより大型の個体を羽化させることができるでしょう。
我が家では幼虫時の最大体重28gの♂が82mmで羽化しています。

初二齢幼虫がいっぱい 2006/7/16
今年の2月に手に入れたF1ペアからのF2になります。当種のブリードは初めてでしたが、HPや飼育本を参考にしながら産卵セットを組んでみました。中プラケースでのセットでしたが、1♀から80頭もの幼虫が採れました。
自分なりに工夫した点は、市販のカブトマットを篩いにかけてパウダー状にしてからケースに堅く詰めたことでしょうか。オオクワで使い古した産卵木も1本入れておきました。

産卵セットした中ケース マットをひっくり返した状態  

70リットルの衣装ケースでマットを調合 2006/11/26
昨日から今日にかけて幼虫の餌替えを行いました。
手元には南フランス産とルーマニア産を合わせて50頭ほど残してありますので、餌替えがとても大変です。
♂は14〜19gで1500ccのブロー容器へサイズアップ、♀は10〜13gで450ccブロー容器のままです。
30リットルの発酵マットがあっという間になくなりました。いつものように食べかすは国産カブトの餌になります。  

終齢幼虫♂17g ←♂17gの画像です。これからもっと大きくなりそうですね!!

ヨーロッパミヤマWF1♂ 2006/12/24
来年用の種親として購入した個体が届きました。
南フランス産のWF1トリオで1♂2♀です。
このまま常温にて管理し、来年4月頃にペアリングの予定です。
目標は2♀で150頭というところでしょうか・・・??

ヨーロッパミヤマWF1♀

♂終齢幼虫28g 2007/2/25
♂幼虫9頭の餌替えを行いました。
体重は最大の28gが2頭、26gが2頭・・・最小21gで、平均24.8gという結果でした。
引き続き1,500ccブロー容器にS∀UZAのアンテマット・クルビマットのブレンドでの飼育となります。

こちらの♂は26g

餌交換した1,500ccブロー容器の♂幼虫 2007/7/16
前回からかなり経ってしまいましたが、♂♀ともに何とか餌交換することができました。
♂幼虫で22g〜27gと体重の変化は殆どありませんでしたが、だいぶ黄色くなってきているので秋になる頃には蛹化しそうな気がします。
♀にあっては4頭が既に羽化していました。

こちらの♂は26g

飼育していたブロー容器 2008/3/1
温室内を整理するため羽化していた成虫達を掘り出しました。
まだブロー容器越しに幼虫の姿が見えるのん気な個体もいますが・・・。
無事に羽化したのは5♂1♀と偏ってしまいましたが、1♀いれば何とかブリードできるでしょう・・・。
1年半かけて羽化した♂の最大個体は82mmあったので、結果としては満足いくものとなりました。

羽化した中で最大個体♂82mm

3年目に突入した♂幼虫 2008/12/7
大方の個体羽化したにもかかわらず、1♂だけ未だに幼虫をやっております・・・。
3年目に突入していますが、このまま来年夏に羽化するのでしょうか。
体色は少し黄色くなってるようですので、たぶん来年羽化するような気がします。
ミヤマって本当に気が長くないとやってられませんね・・・。
このまま一冬様子をみることにしましょう。

体色は黄色いかな 入れ替え時の♂幼虫

CBF1♂と♀ 2013/5/18
久しぶりに南フランス産のケルブスを飼育することにしました。
80mmを超える♂のペアは値段が高いので、チビ♂と♀2頭のお得なセットを入手しました。
♀は44mm&42mmと特別小さくないので、採れた子ども達を立派に育ててあげましょう。
とりあえず目標は♂80mmUP、♀48mmUPに設定します。
♂は後食してますが♀がまだなので、♀の後食を待ってペアリングしたいと思います。

CBF1♂65mm CBF1♂65mm CBF1♂65mm 左44mm・右42mm CBF1♀44mm

戻る ページトップへ

©2015 ASABE All rights reserved.