Hexarthrius aduncus

アドゥンクスフタマタクワガタ

アドゥンクスフタマタクワガタ CBF1♂68mm 分布:インド東北部
インド東北部からミャンマーに掛けて生息するフタマタクワガタです。インド・ナガヒルに生息する当種は赤味が強い個体が多いのが特徴である。
飼育者も少なく希少な種類だったのですが、最近は市場に出回る個体も多くなってきたようです。
幼虫が無事に羽化し、ブリードできる日を楽しみにしています。

手に入れた幼虫3頭 2010/1/2
昨年、ムニス・ダビソン・フォルフォルの3種を制覇したので、次なるフタマタはアドゥンクスということに決定しました。
今回手に入れた幼虫3頭をマット飼育で無事に羽化までもっていきたいと思います。
赤味の強い個体は綺麗でしょうね〜。
早く実物を見てみたいものです。

初齢幼虫 初齢幼虫

羽化した♀ 2010/8/11
6月の初めに羽化してた♀が活動を始めました。
残念ながら無事に羽化したのは♀1頭のみなんです・・・。
残りの2頭は途中で☆になってしまいました。
たぶんマットが合わなかったのかな・・・?
さてと、お婿さんを探さなきゃ(ー_ー)!!

CBF1♂と♀ 2010/8/28
ビッダで落札した1♂2♀がやってきました。
♂は赤味があって、とても綺麗ですよ!
一気に3♀体制になってしまったので、なんか大変になってしまった・・・。
♂の成熟を待ってブリードに挑戦してみます。
フタマタの秋を楽しみましょう(^−^)

スタイル抜群 お腹が赤いです ♀2頭

産卵セット×3 2010/9/26
3♀ともペアリングを終了し産卵セットへ投入しました。
食べカスマットで漬け込み熟成させたクヌギ材を使っています。
様子をみて材を齧っていないようだったら、カワラ材も試してみようかな・・・。
貴重な種類ゆえに、いつもより気を使っているσ(^-^*)なのでした!

交尾済みの♀@ 交尾済みの♀A 交尾済みの♀B CBF1♂

羽化した♂♀ 2012/9/29
2年前のセットは全滅に終わってしまったため、実は幼虫をポチッとしてたんです・・・。
9月の初めに羽化した♂♀がほぼ同じタイミングで後食を始めました。
800ccボトル1本での飼育なので、サイズはお世辞にも大きいとはいえません・・・。
前回の失敗を反省しながら、今回こそは幼虫をGETしたいと思います。

♂51mm ♀34mm ♂51mm

♂51mm 2012/10/6
♂♀ともに後食が活発になってきました。
このタイミングでペアリングを開始することにしましょう。
チビ♂ですから大顎は固定せずに、しばらくの間同居させてみたいと思います。
念のため♀が隠れることができる餌皿を入れておきましょう。

♂51mm

産卵セット 2012/10/11
交尾も無事に済んだと思われるので、産卵セットを組んでみました。
食べカスマットで熟成させたコナラ材を使ってみます。
材産み種ですから材を気に入ってくれないと産卵にはつながらないですよね・・・。
今回こそは何とか成功してほしいものです。

セット中の♀

産卵セット(再) 2012/10/16
あまり産卵材を齧っていないようなので、別の材に入れ替えてみました。
同じく食べカスマットで熟成させたコナラ材ですが、微妙に堅さが違うかもしれません。
とりあえず♀の様子をみてみますが、気に入って齧りまくってくれることを願いましょう。
メルキのように爆産してくれるといいのですが(^−^)

熟成させた産卵材 セット中の♀

割り出した材 2012/12/1
再セットした産卵材を割り出してみました。
食べカスマットで熟成させた産卵材でしたが、少し堅めがお気に召さなかったのか・・・。
初齢幼虫が2頭という残念な結果に終わってしまいました。
♀はまだとっても元気なようなので、3回目のセットに挑戦してみます。

出てきた初齢幼虫

届いたペア 2013/6/30
ヤフオクでポチッとした♀が我が家にやってきました。
今回出品者さんのご厚意でチビ♂をおまけに付けていただきました・・・。
先日羽化した♂は72mmと立派なサイズでございます。
今回落札した♀と同時期に羽化してますので、後食の様子をみながらペアリングしたいと思います。
今年こそはたくさん採れるといいのにね(^−^)

CBF2♀37mm CBF1♂72mm CBF1♂72mm チビ♂との体格差

ペアリング中の♂♀ 2013/8/10
♂も後食を開始し、ゼリーの食べっぷりも立派になってきました。
そろそろ♀と同居させてもいいかなと思い、今日からしばらく同居させたいと思います。
念のために♂の大顎は固定しておきますよ・・・。
ペアリング中にDVされちゃっては困りますからね・・・。
しっかり種付けしてもらって、お盆明けには産卵セットを組んでみよう。

大顎固定した♂ CBF2♀37mm

産卵セット 2013/8/17
1週間♂と同居させておいた♀を産卵セットへ投入しました。
毎日のように餌皿の上で交尾してましたので、種付けはバッチリだと思います。
後は産卵材を気に入ってくれれば間違いなく産卵してくれるでしょうね・・・。
今回はクヌギ材2本を使ったフタマタ用汎用セットとなります。
柔らかすぎない材を使って、産卵痕がしっかり確認できるようにしたいと思います。

CBF2♀37mm CBF2♀37mm 種付けが済んだ♂

産卵セットの様子 2014/1/5
8月に組んだセットですが、忙しくて採卵できずに放置されたまま1月に・・・。
ケース越しに幼虫の姿が確認できたので、爆産を期待して割り出しました。
案の定いつもどおりの平凡な結果で、全部で5頭のみでした・・・。
なぜか幼虫は採れても数が少ないのが気に入らないですよね。
やっぱり採卵した方がいいのかな?

ケース越しに幼虫の姿が 出てきた初齢幼虫 出てきた初齢幼虫

戻る ページトップへ

©2015 ASABE All rights reserved.